肌のしわのことが気になる

美白化粧品には多くのシリーズがあります。

すでにできてしまったシミを薄くしたい場合、まずは自分のシミは何が原因なのかしることが大事です。化粧品が自分のシミに合っていないと、却ってお肌に過剰な刺激を与えてしまいます。

医師の診療を受け、薬やレーザーによる治療も考えられますが、その前に生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)習慣を見直すことがシミ対策と美白のために、どんな人にも必要なことだと言えるのではないでしょうか。ここ数年間のことですが、肌のしわのことが真剣に気になるようになりました。

その中でも一番困りものなのは目尻にできたくっきりした笑いじわです。

目の周りは薄い皮膚だから、しわができやすいということで、こまめなスキンケアを行なうようにしている部分になりますが、皮膚が薄いと、水分を留めておけなくて、乾燥しやすくなっています。そこで、ここはクリームを塗り重ねるようにして使い、保湿にはとにかく気を使うことをこだわっています。特に三十代と四十代の女性が頭を悩ませる肌トラブルに、「肝斑」といわれるものがあります。左右の目の下の目尻から頬あたりに好発する、まるでクマのようなシミのことです。その原因として、女性ホルモンと関係があるのではないかとされており、肝臓に病変があるからといったワケではないようです。

肝斑の治療にあたり、現在、第一選択とされているのはトラネキサム酸の内服で、内用薬として、大手化粧品メーカーや製薬会社などから開発、発売されているのです。いわゆるありふれたシミ改善法のようなものでは、こと肝斑に関しては効果がないといえます。肌のくすみは、紫外線やターンオーバー周期の乱れによって引き起こされるという説もあります。お肌の不調を本来の調子に戻してくれるものに一時期ブームとなったアロマオイルも選択肢の一つです。特に、ターンオーバーに必要不可欠な新陳代謝(体の部位によって入れ替わる速度が違いますが、三ヵ月程度で全ての細胞が新しくなります)の高まりに作用するネロリや、血の巡りをよくしてくれるゼラニウムなどは、肌のくすみ解消にはもってこいです。

マッサージ(上手な施術者はゴットハンドなんて呼ばれたりもします)に利用するもよし、スチームの容器に何滴かたらして利用するのも一つの手段です。体のラインがゆるむとなんだか老けて見えますよね。以前、雑誌で話題になっていたプチ断食を何度か行って、サイズダウンに成功しました。きれいになるためにそれなりの苦労をして、サプリで栄養補給してストレッチも欠かさなかったのに、肌の状態があきらかに悪くなったのが気になります。

ダイエット前後の写真なんて撮っていませんからわかりませんが、時期的にダイエットと無関係とも言えませんから、お手入れ不足も考えられるので、肌のメンテを集中的にするつもりでいます。またダイエットできるようになると良いのですが。くすみが気になる原因としては、糖分を摂りすぎていないか考えてちょうだい。オヤツなど、甘いものをたくさん食べているとお肌の外側からいくらケアしても黄色いくすみや、シミが目たつことがあるのです。コラーゲンのはたらきが、過剰な糖と結合することで弱められているのではないでしょうか。コラーゲンと糖が結合し、有害な糖化物質になることをコラーゲンの糖化と呼ぶのです。全身の老化を加速させないために、糖分の摂りすぎには注意してちょうだい。肌にシワができるのは、加齢を初めとして多彩な原因があるものの、大きいのは乾燥です。

部屋のエアコンの空気にさらされていたり汗をかき、汗と一緒に肌の保湿成分が失われた時はことさら注意するべきでしょう。それではこの乾燥にどう対処したらいいかというと、ひんぱんに保湿をすることが大事です。

スプレータイプの化粧水はその点手軽で便利です。どこでも取り出してシュッとひと吹きできます。

それから、汗をかくほど動いた後には、保湿を忘れないようにしましょう。いつしか顔にこんなに増えてしまったシワ、消してしまいたい、と思ってしまいます。

シワの原因はさまざまありますが、要するに老化現象の一種であり、また紫外線も大きく影響しています。シワができるのをなるべく防ぐため、日焼け止めをし、帽子、日傘、あるいはサングラスなど、一年を通して紫外線対策をし、そこまでしていても日に焼けてしまった場合は、その日の夜にでも、肌を冷やしてこもった熱をとるケアを行い、肌に化粧水をたっぷり吸わせて美容液で保湿、シミやシワ、肌の乾燥を防ぎましょう。こういったことの積み重ねが、つまるところアンチエイジングに繋がることにもなります。ケアしていても乾燥するという話をよく効きます。もしかするとお手入れの「時間」に原因があるのかもしれませんよ。湿度が高いバスルームから出たり、洗顔し立ての肌は持ち持ちとして、うるおっているように見えますよね。でも、実は乾燥が急速に進んでいるのです。ひび割れした地面やパレットの上の絵の具を想像してみてちょうだい。あれだって元は潤っていたんです。知らずに放置していると、年齢とともにシワや乾燥の影響が出てくるのは必至です。

ただ、この時間帯さえ上手にコントロールすれば、いつものスキンケア効果がうんと高まります。お風呂上りは顔を拭いたら(こすらない)直ちに保湿効果のある化粧水などで水分をしっかり与えてあげましょう。どんどん吸い込んでいくはずです。健康維持を目的として喫煙習慣を止める方が多くなってきましたが、タバコを止めることは、お肌にも非常に大きなメリットを持たらします。喫煙の際、お肌の調子を整えるために欠かせないアスコルビン酸(いわゆるビタミンC)を、大量消費するのです。つまりは、タバコを吸えば、それがとりもなおさずしみなどの肌の不調のいわば「黒幕」になるのです。

禁煙したらお肌のコンディションが好調になるというのは多くの人が実際に感じている事実です。